令和ことはじめ ダイエット編

ご無沙汰しております。
ブログの更新をしようしようと思ってましたが、いつのまにか元号が変わってしまいました。

さて、変わったのは元号だけではありません。
私の体重が、命を宿していないのに臨月の頃に近づいております。
身体は同じはずなのに、一年前とは別物です。

産前ベスト体重42kg。
子をふたり生んでおりますが双方とも臨月は60kgになりました。
あの時は「こどもをお腹の中で一生懸命育てているんだもん!」と思っていましたが、今は何も育てていません。
強いて言うなら脂肪を育てております。
お陰様で体脂肪率も30%まで育ちました。

ちなみに、アイキャッチ画像は頂き物の手作りチーズケーキを一口食べてしまってから「あ、写真」と思って撮った画像です。
人生で一番美味しいチーズケーキでした。美味しかったなぁ……。

現実を受け入れるまで

私は炭水化物が大好きです。
炭水化物抜きダイエットなんて考えただけで「無理!!!」

しかし二度の妊娠出産を経て、「戻らない」。
「産後が続いているんだ」と現実を受け入れませんでした。

長らく太りにくい痩せ型体質であったこと、骨格診断で「ナチュラルタイプ」で全身を覆うような服が似合うことを知り、露出する機会も減ったため、「まぁ気長に待ては痩せるんだろう」と信じ込んでいました。

また、顔や手足など身体の末端部分には脂肪がつきにくいので、自分から見える景色は大して変わらないのです。

お風呂に入る時、鏡にうつる自分のありのままの姿は全力で見ないふり。
体重計に乗っても「この体重計は壊れているんじゃないか」と思い込みました。

ここまでくると現実を受け入れない執念がすごいんですが、これでもまだ受け入れませんでした。

自覚する決定打となったもの

着物が好きで、よく着る私。
「着物は体型変化に強くていいなぁ」と、また油断しておりました。

でもある日、「帯、短くない?」

あれだけ長い帯が短い。
いや、帯一周も身体に回らないわけじゃないですよ?(どれだけデカイんだ)

帯は身体に二周巻きつけて、さらに結んで、ものによっては柄を定位置に出します。
これができない。
総柄ならまだできるけれど、お太鼓柄といって柄付きが限られているものだと、……無理だ。

帯だけじゃない。
和装小物が全般的に短い。

そして久々に体重計に乗りました。

「57kg」

???47kgの間違いじゃなくて???

やっぱり何度見ても「57kg」でした。
残念ながら、体重計も壊れていませんでした。

自覚するまで長かった

なんでそこまで現実を直視しなかったのか我ながら感心します。

どんな体型だってみんな最高にかわいい!と思っていますが、 いざ自分が太ってみると単純に太って身体が重くてだるいんです。
本当に動きたくない。しんどい。生きるのしんどい。
コンビニすら行きたくない。
久しぶりに長距離歩こうものなら筋肉痛になるし。

動きたくなさすぎてすぐ寝ちゃう。
起きたら暇つぶしみたいに食べちゃう。
気がつくと消えている食べ物。
食べた気がしない。

やばい。

ダイエットを決意

よし、運動だ!と昔使っていたスポーツウェアを引っ張り出しました。

「ちっさ……」

私のダイエットは終了しました。

=============

数日後、「運動とかそれ以前に単純に食べ過ぎだと思う」「レコーディングダイエットおすすめだよ」との助言を受け、昨日から(昨日から)始めました。

レコーディングダイエットとは、「食べたものを記録していく」ダイエット方法です。

自分だけで記録しても寂しいだけなので、ツイッターの鍵アカウントで、知人だけに垂れ流す形で毎食毎食ツイートしていきます。
これは、いい気がする。

何がいいって、書くのが面倒だから食べない。

どれだけ面倒くさがりなんだというご意見はもっともです。甘んじて受けます。

あと寝起きで何も考えずに貪り食う前に、まず落ち着いて考えられる。
丁寧に食べようと思う。
なんて書いていいかわからないものは食べない。
頻繁に書くのは面倒だから頻繁に食べない。

いける、いける気がする。気がするだけですけど。

適度な運動も兼ねて

食事を意識すると、身体も動かしたいなと思い始めます。

冬は全身を覆うワンピースを部屋着にしていましたが、やめました。
足が開かないので気が向いたときにストレッチできない。
気が向いたときがチャンスなのにそのチャンスをみすみす逃してしまう。

上下分かれた、ストレッチしやすいルームウェアにしました。

試しに「どすこいどすこい!!!」と叫びながら四股を踏んでみたところ、いい感じに筋肉痛になってます。
「はっけよ〜い」のポーズも内腿に効きます。

もうちょっとカッコいい感じの運動をしたいのですが、元がアレなので無理です。
動かせればそれでいいです。

そんなこんなで始めたダイエット、皆様に宣言する形で「失敗できない」ように追い込むためにここに記します。

駄文にお付き合いいただきありがとうございました。